器材が欲しい

ダイビング器材が欲しいけどスキューバーダイビングについて知らないダイビングのお客さんは少なくありません。そのようなダイビングのお客さんは決して悪気があるわけではないのです。何も知らないことは悪くありません。むしろ、そのことをビジネスチャンスと捉えてください。どういうことかと言うと、知らないお客さんにダイビングのことを教えてあげればそれだけお店のファンになってくれるのです。

 

丁寧に教えてあげることで新設なショップだと感じてくれます。店主やスタッフの人柄も気にいってくれるかもしれません。ですから、ダイビング器材が欲しいけどスキューバーダイビングについて知らないダイビングのお客さんは優良な顧客になりうる存在なので大事にしてください。決して無下に扱ってはいけません。

 

スキューバーダイビングについて楽しさや注意点を教えてあげることでダイビング器材の話をしていくのです。このように自然な話の流れのなかで営業をしていくことがコツとなります。きっとダイビングに興味を持っている人なので話ははずんでいきます。むしろ初心者であることをビジネスの機会として捉えることをおすすめします。そのようなチャンスを逃さないようにしてください。