最初に購入してもらいたいダイビング器材

スキルアップや快適なダイビングライフのためにも、自分のダイビング器材を購入したい方は多いと思います。しかし、スキューバーダイビングについての経験や知識の浅い方は、器材を選ぶにも一苦労でしょう。ダイビング器材をレンタルすることもできますが、ダイビングのお客さんによってはサイズが無かったり、消毒してるとはいえ複数の人が使い回している器材に抵抗を感じるはずです。そこで、スキューバーダイビングについて特別な知識が無くても、失敗しないダイビング器材選びのポイントをお教えいたします。 

 

ダイビング器材には、マスクやスノーケルなどの軽器材にスーツ、BCDやレギュレターなどの重器材、水中ライトやコンパスなど沢山のグッズが存在します。常時携帯が望ましいセーフティ関連のグッズには、ベテランにも起きるエアー漏れを防ぐものから、ウエイト過重を分散させる腰に優しいベルトなどがあり、初心者ダイビングのお客さんが真っ先に揃えたいところでしょう。 しかし、スキューバーダイビングについて今後も続けるか不明の方は、まず軽器材から購入することをお勧めします。スキルアップに好影響の軽器材はお手頃な価格のものが多く、たとえダイビングを辞めることになっても最小限の出費で済みます。また、レンタル器材のマウスピース部分に亀裂があり、ヒヤリ経験をしたダイビングのお客さんも多いなど、衛生面や安全面からも最初に購入して欲しい器材です。